浴衣デザイン

浴衣デザイン · 13日 10月 2020
オリジナル浴衣を作る時に人気の柄の一つが「市松柄」。正方形のできるだけ大きな市松柄にしたい、という希望をよくいただきますが、型の送り、生地幅を考えると、かなり小さめの市松しか出来ません。
浴衣デザイン · 26日 9月 2020
価格と納期を度外視すれば、たいていのデザインの手ぬぐいは作ることが出来ますが、そうは言っても手を触れることがためらわれるくらい高価な手ぬぐいって作り手側からしてもどうかと思います。染め方に沿ったデザインが出来れてくるのが一番良いと思うのですが。

浴衣デザイン · 11日 8月 2020
「下着が透けない」というのは、生地の厚さではなく、デザインによって透ける透けないが変わってくると考えます。基本的なデザインの浴衣生地で試した写真を載せましたので、ご覧になって参考にしていただければと思います。
浴衣デザイン · 01日 8月 2020
オリジナル浴衣の色ですが、現物にて色の指定をお願いします。イラストレータやフォトショップのデータでは、紙に出したときにプリンターの性質で色が異なってしまいます。またモニターで見た色と言ってもモニターが違えば色も異なります。

浴衣デザイン · 13日 2月 2020
旅館浴衣は消耗品。追加分まで考えて、「ロータリースクリーン」か「金属ロール」かをご提案いたします。できるだけ安くて良い物を作るため、お客様のご希望に合ったプリント方法をお勧めしております。
浴衣デザイン · 05日 2月 2020
オリジナル浴衣を作るというと、カタログの中から好きな浴衣を選びたいと考えられる方が結構いらっしゃいます。でもすでにあるデザインはそこそこのものでしかなく、やはり一からデザインを考える方が良い浴衣になります。

浴衣デザイン · 11日 1月 2020
絵羽浴衣は、決まった場所に決まったデザインを出す浴衣です。「衿下に名前を入れて」とか「胸のところにロゴを入れて」とか、これらは”絵羽浴衣”になります。
浴衣デザイン · 23日 12月 2019
一見単純そうなデザインですが、人が着て映えるデザインです。しかも老若男女、誰が着ても映えるデザインはさすがです。昔のデザインには、本当に勉強させていただいています。

浴衣デザイン · 20日 12月 2019
数十年前に作られた旅館浴衣です。一見地味に見えますが、今では考えられないような凝った作り方をしています。まだ和装が一般的だった時代の旅館浴衣には今でも唸らされます。
浴衣デザイン · 15日 10月 2019
旅館浴衣特有の色落ちを目立たなくするためのテクニックが「地紋を入れる」ことです。せっかくオリジナルで作る浴衣です。このようなテクニックを使って長く使ってほしいと思います。

さらに表示する