浴衣生産日本一の浜松だからできる、安心のフルオーダーメイドのゆかた

国産浴衣の大半が弊社のある静岡県浜松市で作られています。

 

「インクジェットプリント」から「シルクスクリーンプリント」、「注染」など様々な本仕立て用の染め方法の他に、旅館浴衣専用の「ディクセル方式顔料プリント」までできる地域は、全国でもこの静岡県浜松市だけ。

 

また、本仕立て専門の縫製工場だけでなく、旅館浴衣専用の縫製工場もそろっているのも浜松市だけです。

 

弊社は数多くの協力工場と手を繋ぎ、「浴衣」と名のつくものなら何でも制作してきました。

 

まずはどのような浴衣をご希望されるのか、弊社までご連絡ください。

 

少なくても諦めないで!

少量でも心を込めて
ひとつひとつ、お作りします

染めから縫製まで

国内で行いますので

安心してお任せください

サポートには浴衣の専門知識がある担当がおこないます。

完成までしっかりとサポート


オリジナル柄 旅館浴衣の制作


旅館浴衣 業務用 日本製

「リネン工場で洗ってもらえるの?」「業務用の洗濯機でも大丈夫?」

 

よくお問い合わせいただきますが、ご安心ください。もちろん大丈夫です。

弊社が制作する日本製の旅館浴衣の特徴は、高い耐久性。

日本中で浜松市内の工場でしかできない業務用の旅館浴衣専用の「ディクセル方式顔料プリント」(DIC認定工場)を使用するのはもちろん、使用する生地は業務用専用の生地、縫製は旅館浴衣専門の縫製工場

 実際に数多くのリネンサプライから旅館・ホテルなどでお使いいただいている実績がございます。


 

 どこに行っても同じバリエーションで出てくる「選べる浴衣サービス」よりも、そこに泊まるしか着ることのできない「オリジナル柄浴衣」が、注目されつつあります。

 

味のあるオリジナルの浴衣とそれを提供している旅館・ホテル。その地域の楽しいことを目いっぱい紹介しているのが右の写真の”「温泉旅館をめぐる旅」 スタジオ・クゥ著” です。帯に書かれている「おもしろくってカワイイ温泉浴衣を着る」のとおり、ここに紹介されている浴衣はどれも楽しくて、それを着るために泊まりたくなるものばかり。

 

弊社は、その旅館・ホテル様オリジナルデザインの浴衣がある場合、その浴衣をこれからも使い続けていけるよう色々なご提案をしております。新しい物ばかりでなく、長く使える浴衣を応援いたします。

 

 

 

※「温泉浴衣をめぐる旅」に関して、スタジオ・クゥ様の承諾を得て掲載をしております。

 「温泉浴衣をめぐる旅」Amazonで購入はコチラから

 

 弊社にご注文いただいたお客様限定!

 

「旅館浴衣の着方」の説明書データを無償提供しております。

説明書は、4か国語で記載されており、海外からのお客様向けにぴったり!

しかもデータでお渡ししますので、お客様独自の説明書を作ることも可能。

 

詳しくは、こちらのブログ記事をご覧下さい。

 「旅館浴衣の着方 説明書

本仕立てオリジナル柄浴衣、浴衣反物の制作


旅館浴衣が寝間着用の浴衣であるのに対して、本仕立ては夏祭りや盆踊りなど屋外で着るための浴衣です。

旅館浴衣とは、生地、染め、縫製すべてが違います。

尚、基本的に弊社の浴衣は「綿 100%」です。(ポリエステルは着心地の関係上、お薦めしておりません)

インクジェット絵羽浴衣
インクジェット絵羽

ロット:1枚から

 

使える色は無制限。好きな場所に好きなデザインを入れることができます。

絵羽浴衣
絵羽浴衣

ロット:12枚から

 

伝統的な型染めにて、好きな場所に好きなデザインを入れることができます。1~2色がベスト。

インクジェットプリント
インクジェット

ロット:1枚から

 

総柄の浴衣ですが、色数を気にせずデザインできます。

シルクスクリーン浴衣
シルクスクリーン

ロット:48枚から

 

ロゴやキャラクターの表現に最適。1色につき1型必要なので、あまり色数が多いと大変です。

注染浴衣
注染浴衣

ロット:12枚から

 

別名「本染」。伝統的な浴衣の染め方です。一つの型で多色染めができますが、デザインにクセがあります。

相撲用 浴衣反物
相撲用 浴衣反物

ロット:120反から

 

決まったたたみ方、専用の熨斗、包装紙付きでオリヂナル柄の相撲用の浴衣反物をお作りします。


ブログ・新着情報


そのほかのブログ記事はこちらから :アイエス産業 ブログ

会社情報

営業時間 8:30~17:30

休業日 土日祝祭日 夏季・冬季休暇あり


〒431-1111  静岡県浜松市西区伊左地町2473-4

 

TEL:053-485-8829

FAX:053-522-7949

メール:is-sangyo@ryokan-yukata.jp