絵羽浴衣


絵羽浴衣
絵羽浴衣

●特徴

  • 好きな場所に、好きな柄を出すことができる。
  • 手捺染で作るため、風合いが柔らかい。
  • 耐久性があり、踊り用の浴衣としてよく使われる。
浴衣本体価格 15,000円~
型式(一式) 160,000円~
ロット 24枚~
納期 約2ヶ月(繁忙期を除く)

●注意すること

旅館やホテルなどの業務用として使うには不適当です。

パーツをまたぐようなデザインの場合(身頃から襟へ袖へ、のような)価格が上がります。

型代は1色に付きこちらの価格です。色数が増えるとその分増えます。

●説明

踊り用としてよく使われる浴衣です。元々は白い浴衣に絵師が直接絵を描きこんだため、「絵羽」と言うようになったとの説があります。

製造工程は、それぞれのパーツごとに染め型を用いて、手作業で生地を捺染。それを手縫いで仕上げるため、手間と時間がかかります。それぞれのパーツごとに型が必要なため、型代が高価になりますが、一枚あたりの単価はかなり抑えられます。また型は1色につき、1型必要となり、白地に1色:150,000円ですが、2色で300,000円、3色で450,000円となります。通常、白地に1色、もしくは2色までのデザインがほとんどです。

納期の目安

お問合せ


絵羽浴衣について、ご質問等ございましたら、下記フォームよりご連絡下さい。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です