インクジェットプリント浴衣


インクジェットプリント浴衣

弊社のこだわり

 

・着心地の良い木綿生地にプリントします。

●特徴

  • 1枚から制作できる
  • 色の制限がない
  • グラデーションも表現できる
浴衣本体価格 27,000円~
データ変換料 23,000円~
ロット 1枚~
納期 約1.5ヶ月(繁忙期を除く)

●注意すること

  • 耐久性が低いため、旅館やホテルなどで使われるような業務用としてはお使いできません。
  • 型代は必要ありませんが、特殊なソフトを使うため「データ変換料」が別途必要です。
  • 事前に特殊表面加工をした生地が必要ですが、繁忙期などで在庫生地がない場合は生地の加工期間がかかります。

●説明

1枚から作ることが出来るので、試作品の製作としてよく使われます。試作枚数が少ない(1~2枚程)の場合、短納期で制作できます。また少量で制作できることから、TV番組用、CM用の他、企業のプレゼント用などにも採用されます。

生地は木綿を使う場合が多いのですが、生地に特殊な処理をする必要があり、処理済み生地の在庫がなくなった場合、生地の処理だけで1ヶ月近くかかります。夏前の繁忙期には、事前に生地の在庫のお問い合わせをお願い致します。

 

インクジェットプリントでは、発色の良い化繊にて制作するところが多いようですが、弊社では木綿生地へのプリントを行っております。化繊、化繊混紡生地は、やはり肌にベタつき心地よいものではありません。

 

●納期 :急ぎの場合は別途相談してください。

インクジェットプリント イメージ
インクジェットプリント イメージ

(左の画像は、展示会の布用のインクジェット機器です)

 

●インクジェットプリント

染料、もしくは顔料を直接布に吹き付けてプリントします。

各企業ごとにノウハウがあり、実際のプリント工程は部外者立ち入り禁止です。

 

インクジェットプリントは、専用のインクが非常に高価であるため、他のプリント・染め方法よりも製品が高価になります。

また特殊なソフトを使用しているため、変換料がかかります。これは他のプリント・染めの際の「型代」と同じようなものとお考えください。

生地

生地は、一般的に浴衣に使われる平織り生地の他に、格子状に織られた生地(紅梅)や縦にスラブの入った変わり織りの生地が使えます。変わり織りの生地は、表面が凸凹していますが、問題なくプリントできます。

通常生地は特殊加工を表面に施され在庫されていますが、繁忙期やタイミングにより在庫が切れている場合もあります。その際は、「在庫のある生地でプリントする」か「新しく特殊加工が済むまで待つ」の二択になります。

 

実際には変わり織りの生地も平織りの生地も、着心地は変わりません。

若干見た目が違う、くらいの印象です。

 

一般的な平織り生地

浴衣生地
平織り生地
浴衣生地
プリント後
変り浴衣生地
アキハ生地
変り浴衣生地
プリント後

デザイン

一般的な浴衣のデザインは、「生地幅」X「染め型の送りの長さ」になるのですが、インクジェットの場合は染め型をい使わないため、「型の送りの長さ」は自由に決められます。

ですが、送りの長さを自由に決められると言っても慣れていない場合は、逆に難しくなってしまいます。

 

そのため、弊社では一般的な浴衣と同じ、

 

 39cm X 100cm

 

 こちらの寸法でデザインすれば、ほぼ間違いは無く作ることができます。

 


お問合せ


インクジェット浴衣について、ご質問等ございましたら、下記フォームよりご連絡下さい。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です