注染のデザインのきまり

本仕立ての浴衣の伝統的な染方法は、注染(ちゅうせん)です。

注染は、大阪、浜松、東京(江戸)の三ヶ所が、有名なところです。注染は、一つの型で多色染めができる、明治中期に発明された染め方です。

 

 

注染は、蛇腹状に生地を折りたたみながら糊を生地に乗せていき、上から染料を注いで染めます。

 

注染工程

注染のデザインのポイントは、この生地を蛇腹状に折りたたむ点です。

折り目を境に、デザインは鏡で写したように逆になります。

 

 

注染デザイン
注染のデザイン1

 

上の生地は、弊社で昔失敗した生地です。

もちろん、お客様にはデザインを起こし直し、キチンとしたものをお納めいたしました。

 

このデザインは、文字・柄が一方方向に傾いています。

生地を開いてみます。

 

注染 デザイン
注染のデザイン2

 

何となくですが、染めのときの折り目で鏡で写したような逆の文字になっているのがわかるでしょうか?

 

完全に開いてみると、失敗となった原因がはっきりわかります。

 

 

注染 デザイン
注染のデザイン3

 

デザインが折り目で逆になっています。

傾きも逆になっています。

これでは仕立てた時におかしなデザインとなってしまいます。

 

これを防ぐために、注染のデザインは、折り目で逆になってもおかしくないようなデザインにします。また文字を入れる時には、必ず逆になっている文字を入れるようにします。

 

昔の人は、文字が逆になっている=注染で染めた本格的な浴衣だな、という判断をしたそうです。

 

ちなみに、弊社で作った浴衣のデザインですが・・・

 

注染 本仕立て浴衣 デザイン
注染 本仕立て浴衣 デザイン

 

こんな感じで、生地を広げたときのデザイン図も付けて見ていただきました。

 

作り方(染め方)毎にいろいろな規制があるのはめんどくさいと感じるかもしれませんが、それもまた面白みの一つです。

デザインに関しても、わからないことがあれば、どんどん聞いていただければありがたく思います。

 

 

アイエス産業株式会社

〒431-1111
静岡県浜松市西区伊左地町2473-4
 電話:053-485-8829
 FAX:053-522-7949
 mail:
 is-sangyo@ryokan-yukata.jp

 

 

営業時間・営業日

営業時間:8:30~17:30

 

休業日:土日、祝祭日

 (夏季、冬季休暇有り)

 

ご質問のある方は、いつでも(上記時間に関係なく)お電話ください。

 

アイエス産業株式会社
会社全景

取扱商品

 日本製及び中国製浴衣、各種業務用帯、茶羽織、陣羽織、丹前、オリジナルガウン、バスローブ、作務衣、タオル、おしぼり、サウナマット、シーツ、ピロケース、布団カバ―、晒、各種生地、布おむつ、ダスター、テーブルクロス、ナフキン、ホテルアメニティなど業務用として使われる繊維製品

 

 

いずれも定番商品、オーダーメイド品共に取り扱っております。

 

 

オリジナル浴衣の製作

旅館・ホテル用の業務用の浴衣から、イベントで着られる浴衣、一般用の本仕立ての浴衣まで、様々な浴衣をお作りします。

 

まずはこちらのページからお問い合わせください。

 

「別注浴衣の御注文」

ネットショップはこちらから

まとめ買いの業者の方から、1枚だけ欲しい個人の方まで気軽に買い物ができます。

 

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ryokan-yukata/

 

・一枚から購入できます。

・色々なお支払方法が選べます。

・購入方法が簡単です。