浴衣の生地

浴衣は、元々下着や寝間着として着られた着物です。

 

寝間着や下着としての目的としたら、「汗をしっかり吸い取る」「体を冷やさない」。

という訳で、浴衣生地は基本的に天然素材で作られます。

 

一番一般的なのは”綿”。他にも”麻”などもあります。

個人的には、ポリエステル100%はちょっと・・・・
Tシャツで高機能生地のポリエステル100%のものがありますが、浴衣生地として高機能なものは見たことがなく(僕が知らないだけかもしれませんが)、やっぱり汗を吸い取って、体を冷やさないのは”綿”だったり”麻”だったりします。

 

 

 

浴衣生地
一般ゆかた用 綿浴衣生地

浴衣は天然素材が一番、「綿」や「麻」があります、と言っても「麻」の浴衣はあまり目にしません。

これは現在では「麻」が高価な点と、機械での加工がし難い点があります。

麻はプリントや注染がしにくかったり、大量生産に欠かせない工業用ミシンでの縫製が難しかったりします。

 

また日本一の浴衣の生産地である静岡県浜松市が、日本有数の綿花の生産地であったことも関係しているかもしれません。

 

 

やはり使う目的によって最適な生地があるわけで、注染やプリントの浴衣には綿が最適ではないかと考えています。