染めとプリントの違い

一般的に生地に色を付けるために使われる方法に、「染め」と「プリント(捺染)」があります。

 

染めは、生地に染める場合もあれば糸を染める場合(先染め織り)もあり、

プリントは、昔からの捺染やシルクスクリーンなど様々な物があります。

 

染めとプリントの違いは、染めは繊維一本一本の奥まで染料が入り込み、化学反応で発色・定着をします。

プリントは、生地の上にあらかじめ色が出ている顔料が乗ります。

 

元々の染料は発色するとどんな色になるのか見てもわかりませんが、顔料は最初から色がわかっています。

 

 

染めとプリントの違い
染めとプリントの違い

よく「洗濯すると色落ちした。」「漂白剤いれて洗濯したら色が変わっちゃった。」というのは、染料です。

化学反応で発色・定着しているので、他の化学薬品の影響をうけやすいのです。

一方、顔料は元から色が出ていて生地の上に乗っているので、洗剤や漂白剤の影響をあまり受けません。

 

ですが、染料は繊維一本一本に染料が入っているため擦れなどの耐久性が高く、プリントは繊維の上に乗っているので擦れの耐久性が低くなります。

 

 

弊社では、作る浴衣に合わせて「染め」「プリント」をご提案いたしております。

 

 

アイエス産業株式会社

〒431-1111
静岡県浜松市西区伊左地町2473-4
 電話:053-485-8829
 FAX:053-522-7949
 mail:
 is-sangyo@ryokan-yukata.jp

 

 

営業時間・営業日

営業時間:8:30~17:30

 

休業日:土日、祝祭日

 (夏季、冬季休暇有り)

 

ご質問のある方は、いつでも(上記時間に関係なく)お電話ください。

 

アイエス産業株式会社
会社全景

取扱商品

 日本製及び中国製浴衣、各種業務用帯、茶羽織、陣羽織、丹前、オリジナルガウン、バスローブ、作務衣、タオル、おしぼり、サウナマット、シーツ、ピロケース、布団カバ―、晒、各種生地、布おむつ、ダスター、テーブルクロス、ナフキン、ホテルアメニティなど業務用として使われる繊維製品

 

 

いずれも定番商品、オーダーメイド品共に取り扱っております。

 

 

オリジナル浴衣の製作

旅館・ホテル用の業務用の浴衣から、イベントで着られる浴衣、一般用の本仕立ての浴衣まで、様々な浴衣をお作りします。

 

まずはこちらのページからお問い合わせください。

 

「別注浴衣の御注文」

ネットショップはこちらから

まとめ買いの業者の方から、1枚だけ欲しい個人の方まで気軽に買い物ができます。

 

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ryokan-yukata/

 

・一枚から購入できます。

・色々なお支払方法が選べます。

・購入方法が簡単です。