イベント用陣羽織に名前を

イベント用に作った本格的な陣羽織を納品後、お客様から連絡がありました。

 

「陣羽織を着る実行委員会の名前をどこかに付けたいんだけど・・・」

 

確かに陣羽織だけ羽織ったままでは、単なるコスプレとみなされてしまいます。

でももう完成した物に手を加えるとなると、加工方法はかなり限られてしまいます。

しかも陣羽織の生地はポリ100%のサテン生地。

普通のシルクスクリーンプリントでは、顔料が乗りません。

 

色々と考えた結果、じゃあ何か名前の書いてある物をプラスしようとなりました。

さて一体どんなものが良いのでしょうか・・・

 

見本を作りながら具合を見ていくことにします。

 

 

半袈裟 試作
半袈裟 試作

最初に思ったのは「半袈裟」です。

前に垂れる部分に会の名前をプリントしようと思いました。

 

下の紐を結べばずれにくくなりますし。

これで決定!、と思ったのですが、やはり華やかなイベントで”仏”関係の物はあまり良くないのではとの意見もあり、却下。

 

 

 

名札 試作
名札 試作

「いっそシンプルに名札を付けましょう」となり、大きさ縫い方の見本として、またまた試作品を作成。

 

実際の陣羽織と合わせながら、名札の大きさ、生地は二重にすることなど細かい所が決まりました。

 

 

ここまできたら、後はスピードを上げて製作開始です。

 

 

遠州縞 生地
生地

生地は伝統的な綿織物「遠州縞」を使います。

生地が来たら裁断開始。

 

それと同時にプリント用の型の作成にも入ります。

イラストレーターでデザインを作り、型制作の職人さんへ渡します。

 

裁断が終わったら型の完成を待ち、型が出来次第プリントです。

プリントが済んでから縫製。

これで奇麗な名札が完成です。

 

 

 

家康会 名札
名札 完成品

 

今回、完成までに試作品を二種類作りました。

一見手間がかかるように思われますが、実物があった方がデザインも大きさも早く決まります。またその後の段取りも早くなります。

 

 

遠回りかもしれませんが、失敗が少なくて一番早い方法でした。

出来上がりまで約二週間。

 

お客様も納得できる物が出来上がりました。

 

 

カテゴリーのトップへ戻る
作例集のトップへ戻る

アイエス産業株式会社

〒431-1111
静岡県浜松市西区伊左地町2473-4
 電話:053-485-8829
 FAX:053-522-7949
 mail:
 is-sangyo@ryokan-yukata.jp

 

 

営業時間・営業日

営業時間:8:30~17:30

 

休業日:土日、祝祭日

 (夏季、冬季休暇有り)

 

ご質問のある方は、いつでも(上記時間に関係なく)お電話ください。

 

アイエス産業株式会社
会社全景

取扱商品

 日本製及び中国製浴衣、各種業務用帯、茶羽織、陣羽織、丹前、オリジナルガウン、バスローブ、作務衣、タオル、おしぼり、サウナマット、シーツ、ピロケース、布団カバ―、晒、各種生地、布おむつ、ダスター、テーブルクロス、ナフキン、ホテルアメニティなど業務用として使われる繊維製品

 

 

いずれも定番商品、オーダーメイド品共に取り扱っております。

 

 

オリジナル浴衣の製作

旅館・ホテル用の業務用の浴衣から、イベントで着られる浴衣、一般用の本仕立ての浴衣まで、様々な浴衣をお作りします。

 

まずはこちらのページからお問い合わせください。

 

「別注浴衣の御注文」

ネットショップはこちらから

まとめ買いの業者の方から、1枚だけ欲しい個人の方まで気軽に買い物ができます。

 

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ryokan-yukata/

 

・一枚から購入できます。

・色々なお支払方法が選べます。

・購入方法が簡単です。