定番品販売


定番在庫品につきましては、弊社の「Yahoo!ショッピングサイト」にてお買い求めいただけます。

新着商品情報


www.ryokan-yukata.jp Blog Feed

二重ウール丹前 (火, 15 1月 2019)
上に羽織る防寒着として半天とか丹前とかありますが、その違いは   丹前:ヒザ下くらいまで丈のあるもの 半天:腰のあたりまでしか丈がないもの 陣羽織:丈は腰のあたり、袖なし   そうは言ってもその他人毎にものの言い方は違いますので、丹前と言っていても半天のことだったり、半天と言っても陣羽織のことだったりします。 なのでお問い合わせいただいた際に、よくよく話を聞いて商品を提案します。       その丹前の話。   今年は暖冬ですが、それなりに寒い日も多くなってきました。 そうなると丹前のいご注文をたくさんいただきます。   中でも多いのが、二重ウールの丹前です。 業務用として、旅館・ホテルでも使われていた商品で、薄い割に暖かく、また耐久性もあってとても使いやすい商品です。     二重ウール丹前 帯付き Yahoo!ショッピング 日本製 二重織ウール丹前(帯付き)  :https://store.shopping.yahoo.co.jp/ryokan-yukata/c3b0c1b0.html     ウールは暖かくて丈夫なとても良い素材です。 ですが、最近は国内への入荷量も減り、また加工をする工場も少なくなってきていますので、貴重な存在になりつつあります。実際、業務用としてウールの半天や丹前を作ろうと思ったら、時間も手間もかかります。     上記の商品は、昔作って在庫となったもの。 まだ良い品質のウールがふんだんに入ってきた頃の商品で、とても良い品質です。   織りも二重織りと言って、表面と裏地が違う柄で織られています(表は縞柄、裏は黒)     日本製 二重ウール織り 丹前 二重織り、という名前通り、普通の織り方よりも厚めです。 厚い分、それだけ温かいのです。     実際の話、旅館やホテルで使う業務用の半天や丹前用の生地を織る工場は、日本に数件しか残っていません。そしてその織工場も年金をもらっているような年齢の方が操業しています。   少し前は、「オタクは高いね。まぁいいや、他にも工場はあるんだし、よそでやるよ」と言った話をよく耳にしました。 今はそんなことは通用しません。他がないのです。   逆に、「え、急ぎの仕事?うちはやらないからよそでやって。」「値段安いねぇ、うちじゃあ出来ないからよそに当たって。」 そんなふうに工場から言われます。よそで、と言ってもそのよそはありません。     ホント、物が作れない状況が今来てしまいました。 そんな中のこの丹前。 在庫限りの商品ですが、とても貴重なあるだけしか手に入らない商品です。        
>> 続きを読む

アムンゼン帯  (Thu, 27 Dec 2018)
アムンゼン帯とはアムンゼン生地を使った帯。 アムンゼン生地とは、梨地織りの種類の一つです。業務用として帯に使われるものは、ポリエステル100%。分散スレン染めで糸染めを行っているため、色落ち色にじみはほとんどありません。     業務用として使われるにはとても優秀なアムンゼン帯。 価格が若干高めのためそこそこのクラスの旅館・ホテルでしか使われませんが、使い勝手や耐久性は他の帯よりも良いのが特徴です。     高めのクラスをイメージしてか、実はこのアムンゼン帯は業務用の帯の中で唯一箱に入っています。     業務用 浴衣帯 アムンゼン帯 Yahoo!ショッピング 業務用 旅館浴衣帯 アムンゼン帯 紺 50本セット  :https://store.shopping.yahoo.co.jp/ryokan-yukata/ob-ha03kn-50.html     一箱につき10本入っています。   この箱に入っているのは、「7✕270cm」の細い帯だけ。 もう一つの「29✕280cm」の幅広の帯は入っていません。     アムンゼン帯の特徴は、思いっきり引っ張っても伸びないこと。 伸びがない=締めにくい、緩みやすい、と思われるかもしれませんが全くそのようなことは無く、きっちりと〆ることが出来るし解くときも簡単に解くことが出来ます。 これは帯の使いみちとしては100点満点なことです。     弊社でも上記のようにネットショップで販売しているのですが、他の帯と比べてあまり売れません。 どちらかというと価格の安いものに注文は集中しがちですが、やはり「このアムンゼン帯でなくては」とこだわりのお客様もいらっしゃいます。 たいていそのようなお客様は、歴史の深そうな旅館・ホテル様だったりします。      
>> 続きを読む

日本製定番浴衣 特大サイズ (Tue, 25 Dec 2018)
旅館やホテルで使われる業務用の寝巻きしたての浴衣は、基本的にオリジナル作ります。 オリジナルで作るから、旅館やホテルの名前が入ったりするのです。   また旅館やホテルは、浴衣はクリーニング屋さんからレンタルしている場合もけっこうあります。 レンタルの場合でも名前入りの浴衣を使っている場合は、クリーニング屋さんがその旅館・ホテル専用に浴衣を制作しレンタルしています。     レンタル浴衣が順調に回っている場合や、浴衣の在庫分が過不足ない場合は、特に弊社が出ることもないのですが、繁忙期に入り急に浴衣が必要になった、または必要になりそう。浴衣をレンタルしているクリーニング屋さんが手が回らず、浴衣を持ってきてくれない、などの緊急時、お役に立てるのが定番の日本製の旅館浴衣。     日本製ですので、耐久性のある「ディクセル方式顔料プリント」ですし、縫製も日本国内で行っている、安心して使うことのできる製品です。 種類もいろいろあるのですが、大体が定番の「M、Lサイズ」となります。 唯一、「特大サイズ」あるのが、下の「2色たてかん柄」になります。     日本製 旅館浴衣 2色たてかん柄 Yahoo!ショッピング 旅館・ホテル浴衣 日本製 2色たてかん柄  :https://store.shopping.yahoo.co.jp/ryokan-yukata/yukata-j07.html       一見、伝統的な(昔くさい)柄に見えますが、浴衣だけではなく人が着てみるとかなり良い感じに収まります。 柄に目が行きすぎず、着ている人の顔が良く映えます。 なので個人的にはイチオシの浴衣でもあります。     また日本製の定番浴衣は、生地にTC生地を使っていることが多いのですが、こちらの浴衣は綿100%。 少し太めの糸(20番手)を使っています。   サイズは中サイズと特大サイズの二種類ですが、それぞれ水色のラインの本数が異なっておりひと目で区別がつくようになっています。     着てよし、見て良しの業務用の寝巻き用の浴衣として、とてもおすすめの商品です。      
>> 続きを読む